WEBページ作成リファレンス
cman.jp cman.jp > WEBページ作成TOP > CSSリファレンス > CSS(スタイルシート)の書き方

CSS(スタイルシート)の書き方

CSS(スタイルシート)はホームページのデザインを指定できます。

CSSの書き方

広告

セレクタ

セレクトには多くの書き方があります。
また、HTMLタグに直接STYLEを記載する場合は、セレクタは記載しません。


<style>
p                         { font-size: 10pt }  /* タグ指定                            */
.class                    { font-size: 10pt }  /* CLASS指定                           */
#id                       { font-size: 10pt }  /* ID指定                              */
*                         { font-size: 10pt }  /* 全て                                */
p a                       { font-size: 10pt }  /* 子要素 pタグ内のaタグ                */
.class p                  { font-size: 10pt }  /* 子要素 pタグ内のclass内のaタグ       */
p.class a                 { font-size: 10pt }  /* pタグ内のaタグ                      */
/* --- 直後の子要素 --- */
p > a                     { font-size: 10pt }  /* pタグ内の直後のaタグ                */
.class > p                { font-size: 10pt }  /* class内の直後のpタグ                */
/* --- 隣接の要素 --- */
p + a                     { font-size: 10pt }  /* pタグに隣接するaタグ                */
.class + a                { font-size: 10pt }  /* classに隣接するaタグ                */
/* --- 以降の要素 --- */
p ~ a                     { font-size: 10pt }  /* pタグ以降のaタグ                  */
.class ~ p                { font-size: 10pt }  /* class以降のpタグ                    */
/* --- 擬似クラス --- */
.class:first-letter       { font-size: 10pt }  /* 最初の1文字                         */
.class:first-line         { font-size: 10pt }  /* 最初の1行                           */
.class:first-child        { font-size: 10pt }  /* 最初の要素                          */
.class:nth-of-type(1)     { font-size: 10pt }  /* 1番目の要素                         */
.class:nth-of-type(2n)    { font-size: 10pt }  /* 偶数番目の要素                      */
.class:nth-of-type(2n+1)  { font-size: 10pt }  /* 奇数番目の要素                      */
.class:nth-of-type(3n)    { font-size: 10pt }  /* 3の倍数番目の要素                   */
.class:nth-of-type(3n+1)  { font-size: 10pt }  /* 3の倍数+1番目の要素                 */
.class:hover              { font-size: 10pt }  /* マウスオーバー時                    */
p:not(.class)             { font-size: 10pt }  /* 指定以外の時 */
.class:checked            { font-size: 10pt }  /* チェックされている時                */
/* --- 属性セレクタ --- */
p[attr]                   { font-size: 10pt }  /* 属性「attr」を持つ時                */
p[attr="123"]             { font-size: 10pt }  /* 属性「attr」の値が「123」を持つ時   */
p[attr^="a"]              { font-size: 10pt }  /* 属性「attr」の値が「a」から始まる時  */
p[attr$="a"]              { font-size: 10pt }  /* 属性「attr」の値が「a」で終わる時    */
p[attr*="a"]              { font-size: 10pt }  /* 属性「attr」の値に「a」を含む時      */
セレクターの書き方 をご確認ください

プロパティと値

プロパティと値の間は「:」(コロン)で区切ります。最後の「;」は省略可能です。

プロパティは多くあり「スタイルシート一覧」をご確認ください。

ページTOP

プロパティとプロパティの区切り

プロパティとプロパティの間は「;」(セミコロン)で区切ります。

最後の「;」(セミコロン)は省略可能です。

ページTOP
広告